蜂の子の耳鳴りへの効果〜難聴対策成分〜低分子蜂の子とは?


蜂の子は耳鳴りや難聴の改善に効果があることが実証されています。
古くから薬としても利用されています。

 

 

聴力の障害は一度発症してしばらく治療をしないと、
障害が定着して治すもの大変難しくなります。

 

 

原因不明の耳鳴りや聴覚障害は発症後1ヶ月をめどに治療の成功率も急に低下するので、
その前にステロイドなどで病気が進行するのを止める必要があります。

 

ですが、
ステロイドを使いたくないという方も多く
放置してしまうケースも多いのです。

 

少しの耳鳴りだと放置してしまうと、症状が悪化して治療をしたときにはかなり進行している事も。

 

 

しかしながら、
蜂の子が定着してしまった聴覚障害の改善にも役立つことがわかっています。
>>みつばち健康科学研究所文献

 

実証結果は出ていますが
なぜ蜂の子が難聴や耳鳴りに効果があるのかは、まだはっきりとはわかっていません。

 

実験では何もしない群と比べて蜂の子を与える群では、
明らかに難聴が改善し体内のホルモンバランスに変化が起こることが解明されています。

 

 

突発性の難聴だとステロイドで進行は止まるので、炎症や免疫の誤作動などの負担が三半規管に加えられたと考えられています。

 

蜂の子を摂取するとストレスに反応して身体に色々な症状を起こすストレスホルモン
コルチゾールを低下させることがわかっています。

 

 

ストレスで起きる炎症や免疫反応を止めたり、三半規管のバランスが崩れることで不快症状を抑えるなどの効果があります。

 

 

蜂の子の耳鳴り対策成分を効率よく吸収するためには、低分子化された蜂の子が必要です。

 

低分子蜂の子とは?

酵素分解という独自の技術で、アミノ酸やペプチドなどの蜂の子に含まれている栄養成分を低分子化して人の体に吸収されやすい状態にしたものです。

 

耳鳴り(難聴)に良い蜂の子成分

含まれているアミノ酸は以下の通りです。

  • ヒスチジン
  • メチオニン
  • トリプトファン
  • タウリン
  • ロイシン
  • リジン
  • バリン
  • イソロイシン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • グリシン
  • チロシン
  • アルギニン
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸
  • プロリン
  • アラニン
  • セリン
  • シスチン

蜂の子が持つ、その他の効果

蜂の子には耳鳴り・難聴の改善以外にも多くの効果があります。

 

蜂の子成分セレンの老化防止、抗がん作用

蜂の子成分セレンの老化防止になる理由とは抗酸化作用によります。人間の体は40歳を過ぎる頃から細胞が衰えを見せ始めます。細胞が生まれ変わるリズムが遅くなったり、細胞が錆びてくることでシワが増えたり髪が白髪になったりします。蜂の子成分セレンは、一つ一つの細胞が錆びないようにしてくれる働きがあります。血行もよくなりますので、末梢の血流がよくなることによって細く細かい部分にまで十分に酸素や栄養素が運ばれて、抜け毛の改善にも効果があります。蜂の子成分セレンが抗がん作用になる理由とは、細胞を錆びさせない作用はもちろんですが、免疫力がアップすることにあります。免疫力のカギを握るリンパ球の働きを促進して細胞に活力を与えてくれます。

 

胃痛、下痢への効果

蜂の子の胃痛への効果は、おもに自律神経を整える部分に関係しています。自律神経には、五感をつかさどる各器官や臓器の働きにも相関しており、胃痛に該当する消化器も例外ではありません。継続して摂ることで自律神経の改善が見込まれるだけでなく、高齢者の健康維持にも役立てられています。また、蜂の子における下痢への効果とは、効き目の一つでもある「免疫力の強化」にあてはまり、消化器の改善とともに体を整えてくれます。

 

薄毛、抜け毛への効果〜育毛効果

人間の体は年齢を重ねるごとに、必要な栄養分を作り出す能力が衰えてきます。その機能低下に良いとされるミネラルやセノンが蜂の子には含まれています。そして、血行を良くする作用もあります。人間の抜け毛は毛母細胞に行きわたる栄養が少なくなると抜け毛を起こし、頭の薄毛につながります。そういった抜け毛への効果があるのが蜂の子なのです。鉄、銅、亜鉛の三つのミネラルを豊富に含んでいるので、髪の毛に必要な栄養素が補給できるわけです。また、蜂の子の育毛効果とは、蜂の子配合の育毛剤で毛穴に栄養を送ることで新しい強い毛が生えてくるというわけです。

 

糖尿病への効果

蜂の子は長野県や岐阜県とか愛知県などの郷土料理の食材として利用されています。
糖尿病は生活習慣病とも言われていて食生活の乱れやストレスにより、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなり身体の様々な部分に症状が表われます。
蜂の子には良質なタンパク質や脂肪・炭水化物やビタミン類と、タンパク質の合成を促す必須アミノ酸9種類を含む18種類のアミノ酸が含まれています。
血液の循環を促進し身体全体に栄養が行き渡ることで、倦怠感・神経衰弱・心臓疾患・病後の回復等に効果が期待されています。
蜂の子の糖尿病への効果はストレスの原因である、自律神経の乱れを整えることにあります。

 

免疫力アップ効果

蜂の子の免疫力アップ効果は、リンパ球の働きを促進する成分が豊富に含まれており、同時に副交感神経も刺激しています。これらの効果で免疫力がアップして、体に活力を与えます。
蜂の子には体内のホルモンバランスを維持する働きがあり、ホルモンは体の機能がスムーズに働くよう調整します。この働きにより胸腺が働き衰えたリンパ球も活発になります。
免疫力に大切なのはリンパ球という白血球の一種で、外から入ってくる病原菌と戦い、病気に対する抵抗力を保つために重要な働きをします。リンパ球は胸腺に多くありますが、疲労やストレスなどでリンパ球の働きが衰え、数が減少すると免疫力は低下するのです。蜂の子には免疫力を上げる効果が期待でき、中国では古くから漢方薬としても利用されています。

 

尿失禁予防、便秘への効果

蜂の子の尿失禁予防への効果理由とは、腎臓機能の強化効果に由来します。また便秘をすっきりさせる効果もあると言われています。
便秘になると腹痛や吹き出物や口臭、更に下痢や便秘を繰りかえすと大腸がんのリスクも上がります。
一般的に食物繊維が良いと言われていて、豊富に含まれている緑黄色野菜を摂取する人もいます。
便秘においては医学的に解明されているわけではないですが、古くから飲まれていて統計学上では尿失禁予防、便秘解消などの効果があると知られています。

 

蜂の子の副作用

主にアレルギー体質であることが副作用と関係しています。

 

ハチミツなどでアレルギーが表れる際には蜂の子摂取も控えるようにしましょう。
>>>蜂の子の副作用詳細

耳鳴りの原因〜コルチゾールとは?

耳鳴りの原因は様々なものがあり、また原因不明のものも多いことから症状が起きてから治療を行って改善を目指すということしか考えられていませんでした。しばしば耳鳴りを伴う病気は長期化しやすく、以前は厄介な病気の一つとして認知されていました。

 

 

しかし、研究の結果耳鳴りの原因として耳鳴りを症状に持つ患者には、血中のコルチゾールの数値が高いということが分かりました。コルチゾールとは何かというと、ストレスが起きると発生するホルモンの一種です。

 

 

 ただ、コルチゾールは免疫にも関係しており、生命維持に不可欠なホルモンと言われています。炎症を抑制する作用もあることから、適切に分泌されている限りはむしろ身体にいい作用をもたらすホルモンです。

 

 

しかし、コルチゾールはストレスに過度に敏感に反応するという性質を持っており、別名でストレスホルモンと呼ばれる理由にもなっています。

 

 

 過度にストレスがかかった状態では、身体の至るところを攻撃して様々な病気にかかってしまいます。分泌されないのも先天性副腎皮質過形成などの病気になることもありますが、過度のストレスは身体には毒ということがいえます。

 

 

 ではなぜコルチゾールの数値が高いと耳鳴りの原因になるのかというと、耳の中の蝸牛と呼ばれる部分にはコルチゾールの受容体が多くあることが分かっています。

 

 

ですので、コルチゾールが蝸牛の部分に多く引き寄せられることで耳鳴りにも関係してくるというのが一説に挙げられています。しかし、耳鳴りとの関係性についてはまだ研究段階であるためはっきりとした原因究明にはまだ至っていませんが、ストレスのない環境で穏やかに過ごすと改善しやすくなります。

 

蜂の子はめまい(メニエール病)にも良い?

ミツバチやスズメバチ、クマバチといった幼虫やサナギを含めたものを蜂の子と呼び、ローヤルゼリーとは違い、古くから食されてきた貴重なタンパク源です。他にもミネラルであればカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンが多く含まれていて、必須アミノ酸をはじめとして18種類のアミノ酸が含まれています。

 

リジンやアルギニンなども豊富で、中国では生薬として使用されてきた歴史を持っています。

 

豊富な栄養素を含む蜂の子のため、栄養が不足しがちな現代人にとって手軽に栄養を補給できる食品と言えます。
耳鳴りや難聴の改善に良いと言われていますが、実はメニエール病などからなる「めまいにも良い」ことが分かっています。

 

 

何故めまいにも良いのかと言うと、血漿タンパクのひとつであるグロブリンと呼ばれる成分が蜂の子には含まれていて、この成分が自律神経の乱れを正す働きがあるからです。

 

 

自律神経失調症によってめまいを始め難聴や耳鳴り、頭痛などが起こりやすくなりますが、蜂の子に含まれるグロブリンによって症状の改善が期待できるようになっています。

 

中国の試験では耳鳴りやめまいで悩んでいた患者を対象に、蜂の子の乾燥粉末を摂取してもらったところ、

  • 3日後には70%
  • 1ヶ月後には88%
の人がめまいを改善できたとしているので、かなりの効果が期待できるものと考えられます。

蜂の子の栄養価が1番高いのはどうして生後21日めのオス?

昔から一部の山間部などでは貴重なタンパク源として愛用されており、現在ではその栄養価の高さから健康補助食品としてたくさんの方に親しまれているのが蜂の子です。そのままの姿で食べる珍味愛好家もいますが、基本的には加工されて使用することが多く、カプセル状のものやサプリメントが人気です。

 

 

蜂の子の栄養素は大変豊富で、各ビタミン群やミネラル、そして人間の体内で合成できない必須アミノ酸が数十種類も含まれているのですが、これらは人間の健康を維持するためには欠かせないものです。最近の研究では難聴の症状を改善する効果もあることが認められています。

 

 

ところで蜂の子の中でも栄養価が1番高いのは生後21日めオスなのはよく知られていますが、これはなぜかといえば、この時期の蜂の子というのはいわゆるさなぎの状態で、加えて羽化直前なのですがその際に必要とするエネルギーは膨大で、このエネルギーとはつまり栄養価なのです。

 

 

そしてオスというのはやがて女王蜂と交配して子孫を残さなくてはいけないですから、そのためのエネルギーを蓄えるためにメスよりもたくさんのエサを食べて成長します。

 

こういったことからも栄養価の高い蜂の子となるのですが、蜂の社会はオスの数が少なく貴重な存在なのです。

蜂の子の耳鳴りへの口コミ10個

蜂の子の耳鳴りを実際に試した人の口コミ10個は以下の通りです。

 


(50代 男性)
何度か購入していて妻が愛用して体調が良くなって卓球の試合に参加しているそうです。

 


(50代 女性)は
取扱い易いボトルで主人のために取り寄せて飲んでいますがすっきりしたとはまだ言われてないそうで、でも続けて飲むうちにきっと改善されると信じて3本目を購入しました。

 


(40代 女性)
期待をこめて母が突発性難聴になりすがる思いで購入して、飲み難さはなく後は継続して様子見。

 


(30代 男性)
パソコンでのリピート購入している商品で安心して使用出来て効果を追求したいと思っています。

 


(40代 女性)
初めて購入。めまい改善に少しでもよくなればと悩み購入して届くのを待っていて、耳鳴りも改善されたらよいです。

 


(60代 女性)
リピート購入していて安心して使用出来て、一層の充実した静寂を求めたくて購入しています。

 


ibogawamontaさん(70代以上 男性)
特に申し上げることはなく十分に満足しています。

 


(50代 女性)
突発性難聴により片耳が聞こえず耳鳴りが酷いことがあって何とか症状を良く出来ればと購入した。

 


バーバさん( 60代 男性 )
耳鳴りが気になっていて飲んでみたところ何となく症状が良くなった気がして、引き続き継続して飲む予定です。

 


toさん(50代 男性 )
耳鳴り防止のサプリメントだと思いましたが、そうでもない気がしましたが、2カ月だから効果がまだ出ないのかもしれない。

 

 

蜂の子サプリメントはミツバチの幼虫を粉末にしてカプセルにしたもので、耳鳴りや難聴などの耳の病気に効果があると言われています。

 

良く使われているのはミツバチのオスの蛹で、ミツバチの群れはメスが98%でオスはたった2%です。
この貴重なオスはメスの3倍ものローヤルゼリーやはちみつ、花粉を混ぜた特別食を食べて育つためメスの幼虫よりもたくさんの栄養を含んでいます。

 

さなぎの状態の蜂の子は羽化に必要なたくさんのエネルギーを体内に持っていて、最も栄養価が高くて豊富なアミノ酸を含んでいてそれはローヤルゼリーの3倍以上です。

 

この時期の蜂の子を摂取することで、人が作ることが出来ない蜂の子パワーを全て摂取出来ます。
蜂の子は炭水化物や脂質、タンパク質にビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく含んでます。

更新履歴